cork

Careflee

歴史史上限られた人しか知らなかったパンドラの箱

知りたい方はこちらをクリック

パニック障害、4回目の薬の調整!効果的に症状を鎮めていく

スポンサーリンク
パニック障害、4回目の薬の調整!効果的に症状を鎮めていく

皆様、こんばんは(^^)

お元気ですか?

体調の方はイマイチしっくりきておりませんが、日々何かとちょこちょこと動き回っているコルクさんです(^_^;)

最近は『裏サイト』を書くことが多く、こちらの『パニック障害』を書くのは随分と久しぶりに思えます…、サボっていた訳ではありませんので…(汗)

 

5月26日投稿の記事で、薬の調整があった事を書きました。

その時に弊害だったのは「車の運転時の違和感」「お店に入るとクラクラする」「打ち合わせ中のような、人とそれなりの時間、話をするとクラクラしてくる」などがありました。

そして薬の調整が行われ『ロフラゼプ酸エチル錠』が1錠から1.5錠に増量…、という事になりました。

それから2、3日後には体調が良くなりました!

へへへ。

案の定、コリないコルクさんは、車に乗り、調子に乗り、行動範囲が広がる訳であります。

ですが…、そんなウハウハな状態も長くは続かず、またまたクラクラ君がやってくる訳です…(◞‸◟)…はい。

状態としては、常備薬(エチゾラム)を使用するまででは無い状態で…、ロフラゼプ錠が増える前よりは、まだマシでしたが…。

 

以前にも触れましたが、コルクさんはお店を開こうと企んでいる訳で、多少なりとも動かねばなりません…😅

商談に行ったり、打ち合わせがあったり、講習へ参加したりと(詳しくは裏サイトをご覧くだい)…(^_^;)

そんな状況でも時折クラクラ君も一緒についてくる訳で…(涙)

ほとんどの移動は車を使う訳ですが、そこは何とか以前に編み出した『思考グルグル対処法』で何とか危険はないのですが…。

これを読んで下さっている皆様で、右車線(追い越し車線)に入った時、1〜2台追い越すつもりが思ったより左車線が長蛇の列だった…😱

というご経験はありませんか?

その時はとんでもない違和感に襲われ…、さすがに「これはやばい!」と思ったコルクさんは曲がりたくもないのに、ウインカーを出して右折車線に入り、何とか違和感は止まり難を逃れましたが…(汗)

その後、随分回り道をしたのは言うまでもありません…。

 

ただ…、自転車という選択肢も無くはないのですが…イマイチ気が引けるコルクさん…。

スーツ姿にカバンをリュックのように背負って、この暑い中かなりの距離を自転車で行くとなると…(もちろん上り坂は立ち漕ぎ!)…(汗汗汗)

ついた頃には大汗、かなりの体臭を放ち、髪の毛はボサボサ…、残りわずかのペットボトル片手に…

「先日お電話いたしました、わたくしコルクと申します」m(_ _)m

なーんて笑顔で言われても…、説得力のに欠けるような気がする…、歯にネギでも挟まってようものならそれこそ終わりだ…。

想像しただけで恐ろしい…。

 

そういう理由からも、できる限りの安全運転を心がけ、車で行くのであります!

ただ、体調に不安のある状態の時は電車、タクシーです。

安全を第一に優先するのコルクさんです( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

この「パニック障害」は車の運転から始まり、克服のためストレッチ身体を温めるなど行い、東洋医学の力も借りるなど、特に血流を良くする事に拘りぬき…、同時に襲ってきた「めまい」にも三半規管を鍛えエプリー法で太刀打ちし…

かなりの善戦を尽くし、一度は「本当に治ったのではないか?」

と思えるほどまで回復したように思えたコルクさん…。

病院の先生に「薬、いつまで飲みましょう?」と聞いたくらいだった…、いやホントに。

 

それが季節の変わり目辺り(3月の終わり頃)を境にまた再発してくるとは…

トホホ…。

 

そのままトホホ状態でいる訳にもいかず、コリないコルクさんはストレッチ等を行い続けているものの…。

「う〜ん」

一筋縄ではいかないがために、真面目に内服治療にも取り組んでいる訳でございます。

 

コルクさんのように「パニック障害」でブログを書いておられる方々のを読んで見ますと、やはりこの時期に体調を崩されている方も少なくないようで…。

 

そんなこんなで、本日受診日だったコルクさんは、先生に最近の状態、生活状況など色々と話し…

「う〜ん、そうだねぇ〜」と少し悩んだ先生…

結果、ロフラゼプ酸エチル錠を1.5錠から2錠に増やしてみましょうと言う事になった訳であります。

ただ、日中の眠気が強いようであれば、1.5錠に戻すように…、とも言われたコルクさん。

そこは自分の判断でいいらしい。

 

コルクさんは明日、大阪へ向かう予定となっております。

電車の中では眠れる事に何の問題もないが…

それ以外の打ち合わせ等で眠くなったらどうしましょう(汗)

午後から夜にかけては、それなりに、こなさなければならない事がぎっしり!

今夜から2錠…。

これは1つの賭けである…

 

「ん?」

眠たくなった時に眠気を回避する方法を持って行った方がいいのでは⁈

さすがは用意周到なコルクさん!

頭が回るのである。

 

とは…思ってはみたものの…、どんな方法があるのか…?

 

栄養ドリンクというのはどうだろう…。

逆に自律神経を刺激するのでは…?

自律神経を整える薬を飲んで…、眠くなると栄養ドリンク…??

それこそ何をやっているのか分からない…、尻尾でも生えてきそうだ…(汗)

 

「う〜ん…」

考える事約5分…。

全く答えが出ない…。

 

結論!

「コーヒーでも飲むか⁈ にが〜いヤツ!」

 

まぁ、あれこれ考えても…答えが出そうもないので!

とりあえず行ってきまーす!

 

それでは皆様!

またお会いしましょう(^-^)/

 

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. コルクさん、こんばんは(´ー`)ノ

    相変わらず頑張っておられますね!
    この時期は湿度が高くて
    体調も不安定になりがちですから
    あまり無理せず頑張って下さい!

    ちなみに栄養ドリンクはカフェインが
    けっこう入っているので
    まだ珈琲のほうがオススメです(*´∀`)

    ちなみに人は自分から左に見える人に
    話しかけやすい性質があるそうです
    商談も3人以上のときには
    左に見える人にパスを出すと
    会話がうまく展開するようですよ!

    商談、上手くいきますように(*・∀・*)ノ

    • ぴぃさん!

      コメントありがとうございます(^^)
      お陰様で商談はスムーズに行っております。

      コルクさんは過去に少々心理学を追求しましたが、知りませんでした。
      『左側の人』ですね!心得ておきます。
      さらにスムーズに進みそうです(^^)

      やっぱり今は栄養ドリンクもやめておきます。
      ありがとうございます。

      ちなみに、ぴぃさんの実家の話も好きです(笑)
      帰りたくないお気持ち、よーく分かります!

      私のブログでも『耳管開放症のめまい、発汗、手の震え…」のページで実家に触れているのですが…
      実家に長居はできません…(汗) 自律神経をメッタメタにされます。
      ぴぃさんは宿泊できるようですが、私は2時間が限界です(笑)

      ではまた、コメントで現れますね!

      by cork

  2. よくパニック障害には認知療法が効くと言われているかもしれません。
    患者にはには認知の歪みがあるため、正しくは物事を捉えられていないのだそうです。
    とは言うもののここでいう認知の歪みとはいったいぜんたい何なのでしょうか?
    どうやらそれは、それで苦しんだことのない人から見た認知とは違うということのようです。
    ですが、それはあたりまえのことでしかありません。
    あなたが歪んでいるわけではありません。鵜呑みにしてはいけません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top