cork

Careflee

 コルクさんがパニック障害になっても人生を楽しめている理由

知りたい方はこちらをクリック

パニック障害の改善に効いた血行不良の改善策公開!

スポンサーリンク
パニック障害の改善に効いた血行不良の改善策公開!

今晩は(^ ^)

日々、パニック障害克服の研究をしておりますコルクさんです。

本日も前回の「肩こり、首こり、ストレッチ…」などに、とても近い内容なんですが…

コルクさん的に、とても効果を感じられて来たのは「血流を良くする」と言う所に行き着いてから、とても身体の調子が良くなって来たと実感しています。

これ、マジです!

 

古代ギリシアの『医学の父』と呼ばれる『コス島のヒポクラテス』は、「病気の原因は血液」というふうに考えていたそうです。

東洋医学では、はるか昔から『腸』が注目されていたようです。

日本でも、少し前から「腸内環境」って言葉をよく耳にするようになり、腸が話題になっていましたね!

『血液』と『腸』は切っても切れない仲なので、結局は同じ所へたどり着くわけです。

健康志向の現代では知っている方も多くおられると思います。

 

まぁ、それも踏まえておいて下さい。

 

そして、今から書くのは、コルクさんがパニック障害にかかり、薬の治療などのおかげで、何とか仕事復帰までこぎつけたのですが、慢性的なクラクラが残ってしまった…。

これには、「鉄分」が足りないのか…。

目の疲れに関係あるのか…。

もしくは睡眠時間…。

それとも、自然と治まってくるまで待たないといけないのか…。

体操がいいのか…。

など、いろいろ試した結果、身体のコリに注目し、最後は「血流」という表現になりました!はい。

なので、全てのパニック障害をお持ちの方に効果があるかは分かりませんが、試してみる価値ありだと自負している次第でございます。

 

まず、肩コリや首コリも結局は、コリをほぐして血流をよくしていく事になるんですが、コルクさんがあえて「血流」と表現するには訳があるのです。

その「訳」とは…

コルクさんも、肩コリ、首コリがあったため、最初の方はそこに注目し、頑張っていたんですが…

「肩こり」を改善しようと思ったら「肩」ばかり…

「首コリ」を改善しようと思ったら「首」ばかり…

とても素直で素敵なコルクさんは、どうも一点に集中しすぎていたようで…

『身体の血流』と意識し出してからは、「身体全体」としてみるようになって行きました。

それから、しばらくして、改善の速度が上がったように思います。

「肩こり」改善に取り組んだ時は、肩こりに効果的とされるストレッチなどを、朝、晩と行う。

「首コリ」に注目した時もしかりです。

そして「血流」に注目し出してからは、といいますと…。

 

ある休日、一日の過ごし方

首、肩、足を延ばすストレッチを行う。

爪もみや、腕、ふくらはぎをマッサージを行う。

公園へ行き、一時間ほど歩く。

帰って湯船に浸かり、再び爪もみ、腕、ふくらはぎなどを揉む。

上がってからは、鎖骨の下をマッサージ、タオルで肩こりの体操、頭のツボ押し、耳のマッサージを行い、目を左右上下に動かす。

これを、だいたい午前中に行う。

そして身体を休める(昼寝する)。

 

これだけ行うと、目覚めてからはすごく体調が良い!

日に日に実感してくる。

身体がすっきりしてくるのが分かる。

クラクラの率が、かなり減ってくることが分かる。

 

今、ご紹介した方法は少なくとも半日必要になってくる。

そこまで時間の取れない方は、幾つかを取り敢えず、二週間続けてみて下さい。

全部できなくても「全身」という所に意識を持って行ってみて下さい。

ふくらはぎは重要です!

鎖骨の下を、鎖骨に沿ってマッサージしてみて下さい、驚くほど硬くなっている所がある事に気づくでしょう。

耳のマッサージ、つねってみたり、引っ張ってみたりを痛過ぎない程度にしてみて下さい。

肩こりには、『肩甲骨』を意識したストレッチを行ってみて下さい。

首はデリケートな部分なので、特に気をつけてストレッチしてみて下さい。

できる限りは、湯船に浸かり身体を温めて下さい!

コルクさんは浴槽内でリラックスした後に、身体の部分マッサージをしています。

更には股関節です!痛めないよう注意してストレッチしてみて下さい。

目を動かす事もしてみると良いと思います(上下、左右、斜め)。

 

『頭のツボ押し』もコルクさんはよくやります!

コルクさん流、頭のツボは「百会(ひゃくえ)」「通天(つうてん)」「脳戸(のうこ)」「玉枕(ぎょくちん)」「天柱(てんちゅう)」「風池(ふうち)」の順でやっていくんですが、特に「天柱」と「風池」はよく聞きます(あくまでコルクさんにはです)!

これについての場所は、いずれ詳しく書きますが「天柱・風池」とは首と頭のつなぎ目辺りです。

耳の後ろの方から首と後頭部の付け根辺りに指を持って行ってみて下さい、すごく効きます。

 

 

ここまで行うと、コルクさんのような症状でない方でも、身体に変化が起きてくると思います!

疲れが取れるようになる、とか身体が軽くなってダルさが取れてきたとか。

時々起こる、めまいや立ちくらみなども、無くなってくるかもしれません。

身体の調子が良くなってくると、マイナス的な思考も減ってくるでしょう。

 

とにかく実践あるのみです!

必ず、何らかの変化が起こってきます!

 

それでは、皆様のご健康とご発展を願い、これにて失礼いたします。

 

どうも、ありがとうございました(^^)/

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top