cork

Careflee

 コルクさんがパニック障害になっても人生を楽しめている理由

知りたい方はこちらをクリック

首こり肩こりからの血行不良とパニック障害の因果関係

スポンサーリンク
首こり肩こりからの血行不良とパニック障害の因果関係

【前回までのあらすじ】

パニック障害の治療のため、薬を飲み始める。

幾つかの症状に、確実に改善がみられてきていた。

そんな時、突然めまいが起こる…、何とか自力で治したのだが…。

 

 

丁度その頃、コルクさんにはもう一つの課題があった。

首の痛みが、再発して来ていたのである!

以前から、肩コリ、首コリがあったコルクさん。

特に、首のコリとは、長い間に渡り、アントニオ猪木 VS ハルクホーガンのような、激闘を繰り返していた。

 

昨年だったと思うが、後頭部の辺りが急に痛くなって来たことがあった。

コルクさんは、頭痛持ちでは無い。

この『後頭部が急に痛くなってくる悪いヤツ』は、コルクさんから栄養を取り、血液を吸い、日に日に成長し、力を蓄えていったのだ。

一週間程して、さすがに我慢できなくなったコルクさんは、病院慣れしていないため、取り敢えず総合病院へ行った。

総合案内(?)に居た人に、症状を話し、何科に行けばいいのか尋ねる。

神経内科へ、ということで、素直に行ったコルクさんは、頭のレントゲンなど撮ってもらって、色々調べた結果…

「異常ありません」

と笑顔で言われた…。

「ありがとうございました」

と笑顔で答えた…。

 

住家に帰り、色々と調べると、首や肩のコリからでる症状かもしれない、との結論に至ったコルクさん。

翌日、鍼灸整骨院にて症状を話し、針治療などをしてもらう。

住家に帰っても、マッサージ器などで、肩や首をマッサージしていたコルクさん。

その後『後頭部が急に痛くなってくる悪いヤツ』が現れる事は無かったのであった…。

コルクさんに、恐れを抱いて逃げていったのだろう。

 

以前から、鍼灸整骨院で針治療をしてもらったり、痛みがある時はシップを貼るなどしていた。

昨年の『後頭部が急に痛くなってくる悪いヤツ』や『良性発作性頭位めまい症』になった辺りから、これまでと、身体の捉え方が変わってきていたコルクさん。

シップなど、痛みをとるために優れているものは幾つかある。

だがそれは応急処置で、痛みはとれるが、そいつは…いずれまたやってくる。

根本的に治していかなければ…、と幾つか取り組んでいた。

とにかく身体が硬くなっていたため、ストレッチ!

これは面白いのだ、わりかし効果を感じ取れる。

ウハウハ気分で、調子に乗ってやっていたコルクさんは!…、股関節を痛めたのである…(-_-;)

「ストレッチはやりすぎには注意して下さい!身体を痛めてしまう恐れがあります」

という注意書きを読んだのは、痛めてからであった…。

一番最後に書いてどうする…、むしろ一番最初に書いておくべき事だろう…。

…、どう考えても一番最初に書いておくべきことだろう…。

無意識のうちに、このフレーズが何度も口ついて出てくる、口先がひん曲がってしまうコルクさんであった…。

 

 

話がそれてしまったので、戻しましょう。

 

前章の『自律神経の乱れに整体の効果は』で、登場した整体院にも時折通っていたコルクさん。

丁度、この頃も行ったのだ。

整体院の先生との会話で、パニック障害と診断された事や、薬の治療が始まった事などを話した。

「パニック障害…、そう言うだろうねぇ、薬か…、飲むとフラフラするからねぇ…、大丈夫かな?」

角度が違えば、捉え方も違うものである。

東洋医学では、『その症状を、元の状態に戻していく』と、聞いた事がある。

診断名うんぬんとかの、見解ではないのかもしれない。

治療が終わると、確かに首が楽になる!

横を向く時などは格段に違う。

 

この頃より、ストレッチ(やりすぎには注意してます)や、首や肩を温めて、血行を良くする事。

そもそもの姿勢など、色々と、矯正をはじめていくコルクさん。

 

やはり、痛みが強い時は、冷たいシップなどで、とにかく痛みをとる。

その後は、温めるモノを使って血行を促進させる。

身体を柔らかくする。

首コリ、肩コリのストレッチも行う。

このパソコンをしている時は、首枕を使っている。

身体のバランスを矯正しながら、首の痛みをとっていく事もしたり…。

 

1週間程で、首の痛みはかなり和らいだ。

 

コルクさん流の、今現在の結論だが…、コリを改善させていくには、即効性は求めない事である…。

徐々に時間を掛けてやっていく…。

ここがコルクさんにとって、性格上、一番難解な部分であった…。

 

これを読んでくれている方で、「続かない」と思ってしまう方もいるだろう。

コルクさんが、まさにそういう人間であるから、よーく分かるのだ。

コルクさんは、そもそも、決められたことを毎日やる…、という事が苦手なのだ!

これは自信を持って言える!

ただこれは、「やらなければ感が」強い時である。

自分が楽しんでやっている場合は、案外続くモノである。

そのうち、やらないと落ち着かなくなる!

ここが重要ポイントだ‼

その辺りから、徐々に身体の改善が見られてくるのではないだろうか…

 

これが、昨年あたりから研究をはじめている『コルク身体研究所』の所長である、コルク身体博士先生の見解であ-る。

 

9月も後半に差し掛かっていた。

この時の現状を簡単に説明しておこう。

 

車の運転に関しては、下道は、ほぼ問題なく運転で来るまでになっていた。

これで、日常生活での不便性はかなり無くなった!

バイパス、広くてややスピードを出す道路は、未だ違和感を覚える状況もあったが…。

 

もう一つは、クラクラする事である。

薬の調整により、身体のふらふら感はかなり治まっては来ていた…。

 

ちょっと分かりづらいかもしれないので、説明しておきます。

「ふらふら」とは身体がふらふらしている事を、指してます。

「クラクラ」と頭や目がクラクラしている感じを想像して下さい。

その違いです。

 

そのクラクラは、歩いている時は、目の焦点が合わないような感じを受ける事もあり、すごく疲れるのであります。

これについては、何をしたらいいのか…

かなり模索したが、『血流を良くする』という所へ行きついた。

 

その中の一つは、運動である。

あまり頑張りすぎる運動をすると、自律神経に良くないのではないだろうか…。

と思ったコルクさんは、良いのか悪いのかは今一つ分からないが、適度な運動(散歩程度)をしていく事にするのであった。

 

この時期になり、一番改善させようとしているのは、『車の運転』から『クラクラを何とかする』という所に変わっていた。

理由は仕事復帰のためである。

この頃は、職場までの運転は出来るようになっていた。

長時間や、高速道路などは無理だが、現状はそこまで望んでいなかった…。

 

職場へ復帰しました!…クラクラして倒れました…!この状態では早退しようにも帰りの車の運転が出来ません…!

なーんて事にでもなった日には…

「何しに来たんだ…コルクさんは…」

「久し振りに見たけど、あいつはホントにコルクさんなのか?」

「モルクさんじゃねーの?」

「もう邪魔だから帰れよモズクぅー」

なんて…、

今までそこそこ頑張って働いてきたのに…。

後輩から呼び捨てにされたあげく…最後はモズク呼ばわりされてしまう…(涙)

そんな事にでもなってしまえば…

どうしようもない不甲斐なさと頼りなさを兼ね備え、事あるごとに、すぐにスネてしまう…、手のつけようの無いイジけたオッサンの出来上がりである…(+o+)

 

出勤しない方がましである…。

 

という可能性を打ち消す為にも、コルクさんは日々突き進むのである!

 

そんな熱い思いから、やって来たのはいつもの公園。

今日は、正直あまり体調が良いとは言えない…。

がっ、闘う男!

グラディエーターコルクは、めげずに散歩をするのである!

ヨロヨロと歩きながら…ふと気が付く…。

今日は、やたらと人が多い…

土曜日だ…!

 

この公園は広いため、土曜、日曜などになれば、家族連れや子供達でにぎわっている。

平日の午前中は、人生の大先輩達が、大勢集まりゲートボール(?)のような事をやっている。

みんなに愛されている公園である。

 

そんな中、ヨロヨロと歩いているコルクさん…

「今日は土曜日か…、曜日感覚なんて、いつの間にかどこかへ行っちゃったなぁ…」

などと、つぶやいていた次の瞬間!

ドン!

「あ痛っ…!」

ぶつかった衝撃と共にヨロけるコルクさん…!

足元にはコルクさんを襲ったであろう、サッカーボールが…

斜め後を見ると、低学年らしき小さな男の子が二人、こちらを見ている…。

状況から見るに、このサッカーボールは、この男の子二人のモノに間違いなさそうだ…

ボールが当り、危うく倒れてしまいそうになったコルクさん。

瞬間的に!

「このっ!危ないだろおおお!(怒)」

と、怒鳴りそうになってしまう!

ただ、この時のコルクさんは…身体を治すための散歩をしているのだ…。

低学年二人といっても、今のコルクさんはク~ラクラのヨ~ロヨロ…

戦った場合…、不利である…(汗)

正直、勝ち目が無い…

「えいっ」

なんて押されでもしたら、倒れ込んでしまい…立ち上れないかもしれない…。

低学年の二人に倒されてしまったとなれば…、そんなモノが記憶に残ってしまえば…、今後の人生にも、後々響いてきそうである…。

非常に危うい状況に立たされてしまった、グラディエーターコルク…。

 

もう、これしかない…。

ゆっくりしゃがみ込んだコルクさんは、サッカーボールを持つ…。

その二人に向かって…そっと転がしたのであった(サッカーボールだけに、蹴って返すことも出来たと思うかもしれないが、ボールを蹴ると、バランスを崩して倒れてしまう恐れがあったための選択である)。

「ありがとうございまーす」

と返ってきた言葉に、右手を上げて答えたコルクさん…。

 

すごすごと、その場を立ち去るコルクさん…、その姿を公園の木々は優しく見守るのであった…。

 

 

【次回予告】

仕事復帰の予定日が間近に迫ったコルクさんは、体調管理、苦手克服のためだけに絞った生活を送っていく。

その生活により、わずかではあるが改善にむかって行く…、その内容とは…。

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top