cork

Careflee

 コルクさんがパニック障害になっても人生を楽しめている理由

知りたい方はこちらをクリック

パニック障害、薬の治療が始まる。自律神経が改善されてきたのか!

スポンサーリンク
パニック障害、薬の治療が始まる。自律神経が改善されてきたのか!

【前回までのあらすじ】

診療内科にて、パニック障害と診断されたコルクさん。

パニック障害というモノを、出来る限りの検証を行った事についての、結果を報告したのであった。

 

 

それでは、ここから『パニック障害だった!ついにラスボスとのご対面(最終章)』の、パニック障害と診断された、後からの克服記になります。

 

診療内科にて、今月は仕事を休んだ方が良いとの話になる…。

診断書も貰った。

9月に入り、10日程たっていた。

という事は、あと20日位、休みが決定した事になったコルクさん。

本来ならば…

「ラッキー!旅行でもいこうか!温泉にするか!それとも地底深く潜ろうか!うひょひょ~!」

となるハズだが…、その瞬間にでも治ってしまいそうだが…

無念なことに、身体がついていかないのである…。

車の運転ができないのだ…。

旅行へいくぞ!

と、自転車にまたがる程の、アスリートではない…コルクさん…。

おまけに、クラクラするは、耳は響くは、汗でベッタベタの頭…。

ここまで行動を制限されてはどうしようもない…。

 

コルクさんらしくは無いが、大人しく療養する事を、選択するのである…。

 

内服を始める

 

心療内科へ受診した日の夜、ちょっとした夕食を食べた。

普段は薬と言うモノを、好まないコルクさんであったが、早速に薬を飲んでみた…。

しばらくすると、眠たくなってくる…。

う~ん…

早速、効きだしたようだ…。

明日の起床時間など決まっていないコルクさんは、何にも逆らうことなく…そのまま眠りについたのであった…。

 

翌朝になる。

薬が効いているのであろう…。

身体がフラフラする…!

薬ってスゴイ…(*_*)

コルクさんの頭に、ふっとよぎる…。

この状態で、車の運転ができるのか…?

早速、運転してみる事に!

「のおっっ…(汗)」

ご想像の通り…。

できるわけもなく、スグに引き返す、唇が波線のコルクさん…(~_~;)

汗だくになるは、眠気は出てくるは、なぜか足の親指だけ、爪が伸びているはで、ヘロヘロのコルクさん…。

食欲もいまいちなコルクさんに…

残された道は一つしかない!

「オヤスミ…♪」と、しばしの眠りにつくのであった…zzz

 

2時間程して起きるが、身体の方は相変わらずのふーらふら…

結局この日は、動物園の動物のように、寝たり、起きたり、かゆい所を掻いて過ごす事になる…。

 

翌日になる。

身体の方は、昨日と変わった様子はなく、ふーらふらのひーらひら…

昨日、車の運転は見事にできなかった…。

今日も出来そうにない…。

無謀なチャレンジは今日はやめておこう…と、いつになく冷静なコルクさん。

ここで、好奇心旺盛なコルクさんは、幾つか試してみたくなった事があった…

自転車である!

やはり…と言ってはなんだが、問題なく乗れる。

またまた調子に乗ってしまった、ふらふらのコルクさんは、電車に乗った。

試したいこと、その2

人混みである!

金沢駅を歩いてみるが、以前のような問題はなさそうだ…、ふらつきもそこまで無い。

帰ると眠気に襲われたコルクさんは、それに従い素直に寝る…。

夕方になって起きるが、変わらずふらふらである…。

二日目にもなると、このふらふらに、心地よさすら感じてくる変なモードに入ってしまう時すらあった…。

へへへ…。

 

翌日、内服を始めて三日目である。

朝起きると、確かにふらつきはあるが、一昨日や、昨日程でもない。

三日目にもなると、身体の方が慣れてきたようだ。

そのことに味をしめた、グルメコルクさんは早速車を運転してみる。

ほんの10分程だったが、特に問題なく乗れた!

ついに復活の兆しである!

コルクさんは、この10分間を、東京ドームでザ・ローリングストーンズが出てくる瞬間のように忘れないだろう!

午後からは、日課のように眠たくなるので素直にそれに従う。

3時間程して起きると、ふらつきはあるものの、心配なさそうな範囲である。

夕方になり、外を、散歩する。

身体の調子はいいようである。

車の運転に兆しが見えたことに続いて、もう一つ取り戻したモノがあった。

空腹感である!

どれだけ振りだろうか…。

ついにコルクさんは、お腹が空いたのである!

仕事中に限らず、いつ、なんどきもの口癖だった…

「腹減った」

が、ついに口から出てきたのであった!

空腹感というのも、しばらくないと、懐かしさがある事にも驚いた。

いよいよ、復活に向けての土台が出来てきたように思えたコルクさん!

明日遠足を迎える子供のような気持ちで、暖かい布団に入るのであった…。

 

内服治療を始めて、4日目。

飲んでいるのは『ロフラゼプ酸エチル錠1mg』『レクサプロ錠10mg』『スルピリド錠50mg』の三種類である。

 

朝起きると、少しのふらつきは残っている…。

昨日、車の運転ができるような兆しが見えたコルクさんは、午前10:00頃から運転してみる。

乗り出した時は、少々違和感を感じるモノの、徐々に慣れてきた。

ここで言う違和感とは、言葉にするのが難しいのだが…、いまいち目の焦点が定まっていないような…、目を動かすと、クラクラしてしまうような…、そんな感じを想像して頂けたらと思います。

調子に乗ったコルクさんは、お気に入りの公園までやってきたのだ。

ルンルン気分で公園をお散歩するコルクさん!

…というのは、最初のうちだけであった…

途中から身体がふらふらしてくる…

のんびりしたい所だが、公園を一周したところで尻尾を巻いて退散…!

帰りの車の運転は、問題なくできた。

 

午後になり、ソファに座ると眠気に襲われたコルクさんは…、そのまま夢の中へ…(-_-)zzz

 

夕方、車のクランクションの音で目が覚めた…。

そこで気が付いた…!

頭からの汗が止まっている!

いつから、止まってきていたのであろうか…

この症状になってから、頭から滝のように流れ続けていた…

経験した事のある人は、分かると思うが、本当に止まらないのだ!

そのうち、コルクさんて…汗っかきだったかな…?

と錯覚させる勢いすらあるのだ。

時期は残暑…、にしても流れすぎである…。

そのコルク滝が…、ついに止まったのである!

恐らく、薬が効いてきたのだろう…。

少しは、自律神経が整ってきたのであろうか…?

 

この症状になってから、ずっと…、とどまるところを知らず、流れ続けていた…頭からの汗…

気づけば…いつの間にか行動を共にしていた…、言わば、パートナーのような存在になりつつあった、頭からの汗…。

どうやら…、君とも別れの時がきたようだ…

コルクさんは、決して君の事を忘れはしないだろう…

コルクさんがいなくても、元気でやっていくんだぞ…頭汗よ…

と、つぶやくコルクさんに…、寂しさや…名残惜しさというものは、全く無かったのであった。

 

翌日になる。

目が覚めると身体のふらつきは、やや治まってきているようだ…。

午前10:00過ぎ、交通量の少なくなった時間を見計らい出動するコルクさん。

昨日の公園へやってきた、こりないコルクさん。

少々身体はふらつくものの、早速散歩する。

ここで、驚くべきことが起こった!

「おおっ!」

ずっとトンネルに入っていたような、左耳が…、スウっと戻ったのを肌で感じた。

耳の調子が良くなったのだ!

丁度、木々の間をふらふらしながら歩いている時であった。

以前聞いた事がある…、森林セラピーというのも、まんざらではないのか…

おそらく、薬の作用だとは思うが…、懐かし耳の感覚である。

コルクさんの耳とは、こういうのであった。

 

これ以降、音が強烈に響く事は無くなった。

その時の調子もあるだろうが、時々響く事はあるにせよ、ピーク時のような手で耳をふさぐ事は無くなったのである。

 

散歩の方はというと…

やはり、公園を一周するのがやっとである…。

帰りの運転は、かなり調子が良かった!

何故かというと、運転中に違う事を考えだしたのだ。

これが当たり前の運転である。

車を運転している方ならお分かり頂けるだろう、『運転』と言うモノに集中している時など、ほとんど無いのである。

たいがいは、何か別の事を考えているモノだ。

 

会社に出勤時の運転中には、ほとんどの人が、仕事の事を考えているのではないでしょうか?

その内容が、面白くないものであれば、出勤時から機嫌が悪い(# ゚Д゚)!

という…、会社にいるだけで、やや周りが迷惑しちゃう人、というレッテルを背負うハメになる…。

 

デートへ行く時の運転なんかはどうだろう…、。

後ろめたい事があった場合、どう取り繕おうかを必死で考えてはいないだろうか…?

いざ会った時には、考え疲れでもうヘロヘロ…、そんな状態で相手が聞いていない事まで、ひたすら喋りまくる!

そのうち自分でも何を言っているのか分からなくなり…、いまいち、どちらも心地良くない…変な空気が車内に充満する…。

そこに残ったものは『カッチ、カッチ…』とウィンカーの音だけである…。

 

話がそれてしまったが、もうお分かりだろう。

『運転』に集中している時とは、雪道で路面が滑りやすい時や、雨が強く視界がさえぎられるような時など、身の危険を感じている時くらいではないだろうか…。

コルクさんはこの症状になってから、車の運転に何度も挑戦してきた。

自動車学校の教習生以上に集中力を要した…。

それが、わずかな時間ではあったが、無意識に運転が出来たのだ!

これは大きな一歩である!

ここでまたもや調子に乗ったコルクさん!

右車線を走ってみる!

待ってましたと言わんばかりに違和感登場!

「うう…」

すぐに左車線へ戻り、まるで大人に怒られた子供のように、真っ直ぐ住家へ戻るコルクさんであった…。

 

 

【次回予告】

この症状の始まりであり、ある意味、要とも言える、車の運転という大きな課題…。

立ち向かい続け、連戦連敗だった車の運転に…、ついに勝機をみる!

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top