cork

どんな状況でも楽しんでやる!

車の運転中に突然起こった動悸、息切れ、めまい症状

スポンサーリンク
車の運転中に突然起こった動悸、息切れ、めまい症状

はじめに

皆さんこんにちは(^^)/、私はコルクさん(40歳、男性)という者です。

私は今年(2016)の夏の終わり頃から、1ヵ月以上も仕事を休み、望んでもいないのに「めまい」「耳管開放症」「パニック障害」という、とんでもない難敵と、立て続けに闘うハメになりました。

その40過ぎたオッサンの、見事なまでの奮闘ぶり、ダメっぷり、ジタバタぶり(T_T)/~~~、シクハクしながらも、改善に向かう「コルクさん体験記」を、ここにお伝えしたいと思います。

同じような症状、お悩みをお持ちの方々に、少しでも元気になるきっかけになれば、何らかのお役に立てればと思います。

 その日は突然やってきた

多くの人は、それぞれに趣味や楽しみ、といったものを持っていると思います。

音楽が趣味という人もいれば、スポーツ、旅行、食べ歩き、未確認生物を探す、など人によってそれは様々です。

私、コルクさんにとって、最も楽しい時間は「夜のドライブ」です。

コルクさんは一応社会人として、会社勤めをしているのですが、勤務形態が「早番」「日勤」「遅番」「夜勤」の4パターンと、超ぉ~不規則な仕事のため、夜遅くまで起きていることはザラなのであります。

お気に入りの音楽をかけながら、車で夜道を走る。

気が向いたらパーキングに停め、缶コーヒー片手に星空をながめたり、車内で音楽に合わせて大熱唱、時には心地よく夜と一体化、たまにはつまらない事を考えて、口元が尖っていたりと…。

コルクさんにとって「夜のドライブ」とは、それはそれは至福な時なのでありました。

遡ること約3ヵ月前、忘れもしない8月17日、この日もコルクさんはルンルン気分。

普段よりも、やや早めの20時30分頃から、ドライブに出かけました。

何らかの、考え事をしながらバイパスを走っていると、一瞬心臓が「ドクッ!」となり、目か…頭?あたりがフワッとする感覚があった。

「ん❓…何だろう…」

あまりに瞬間的な出来事だったため、特に気にも留めず、そのまま海道に乗るコルクさん。

この海道とは信号機がなく、80キロ制限の高速道路みたいなものです。

周りの車は、ビュンビュン飛ばします。

海道に乗って間もなくです…。

何らかの違和感を感じ、先ほどのフワッとした感覚がきたかと思うと、見えている世界が揺れ始めたのです!

しかも強烈に!

「のあああああーっ!¥*?!」何と表現しましょうか、荒波を船に乗っている感じ、と言えば伝わるでしょうか。

次の瞬間「ガチッ!」と歯を、思い切りかんだような感覚?電気?みたいなものが頭を走り、意識を失いそうになるコルクさん!

とにかく、必死でハンドルを握る…。

まるで、映画のカーチェイスの1シーンのような状態!

後の車を運転していた人も、そうとう怖かったと思います(この時、コルクさんが何キロで走っていたかは、皆様のご想像にお任せします(;´Д`)。

周りがグラグラする!

意識が遠くなって行く…。

「やばい…!…これはマジで死ぬかも…」

生まれて初めて、死の恐怖を味わうコルクさん…。

我に返ると、左車線に設けられている、車1台分の停車場にいました(奇跡っ!)。

その時、車内のコルクさんは…「何だこれはっ!?」

心臓が、飛び出してしまうかと思う程の、もの凄い動悸!

息切れ!

バケツの水を、頭からかぶったような、多量の発汗に襲われていた。

時計は丁度21:00を指している…。

「友人に連絡しようか?救急車を呼んだほうがいいのか?」

まだ交通量のある時間、運転席側のドアすれすれを、ビュンビュン追い越して行く数々の車…。

車から降りる事も出来ず、何をどうしていいのか分からず、汗だくで息を切らしている…。

右手で左胸を押さえ続ける事しかできない…。

絶体絶命のコルクさん……。

「くぅぅぅ(汗)」

ずいぶん時間がたったかと思えたが…時計は21:12を指している、段々と症状が落ち着いてきたようだ…。

「よぉぉ~し」

多少声は震えているものの、何とか気を取り戻したコルクさんは、バックミラー、サイドミラーを凝視!

再起の時を図るのである!。

何といっても、追い越して行く車の速度が速いため、ミラーに車のライトが映らなくなる(後に車が見えない)状態を、ひたすら待っている…。

15分~20分程待っただろうか、その時は来た‼

ハザードを出したまま、車線に入るコルクさん!

両手でしっかりとハンドルにしがみつくかと思うと、左車線の左ギリギリを…、超ぉ~低速で走ります!

不思議なことに、スピードを上げると、また世界が揺れだすのだ。

ハザードを出しながら低速で走る車を、後続車たちはガンガン追い抜いていく「怖ぇぇ~(T_T)/~~~」。

ようやく【出口】の看板を見つけると、吸い込まれるように、下道へ降りていくコルクさん…。

どうやら一難は去ったようである…。

とは言っても…ここからコルクさんの住家まで、帰らなければならないのである、約20分といったところか…。

更に気を引き締めて、コルクさんは走り出す!

少し休憩してもよかったように思えるかもしれないが、この時のコルクさんは…、一刻も早く帰りたいのだああっ!

これからは、飲み会の途中で帰ろうとする人を、決して引き止めたりはしないだろう…。

ここでまた、不思議な体験をするコルクさん…下道を走っていると、時折少しの違和感は感じるものの、運転はスムーズにできるのだ。

これで何とか帰れそうだ、と安心したのも束の間、バイパスへ乗った瞬間だった!

来たのだ!さっきのアイツだ!

海道で散々コルクさんを苦しめたヤツ!

何とも言えない違和感とグラグラだ…!

「のあああああ…」…っとはなりません!

「はい、ハザード、左に寄せて、低速」手慣れたものである。

コルクさんは学ぶのだ、そう何度も驚かされないのである。

「グラグラしやがって(怒)白ひげかお前は…」と毒づくコルクさんは、どうにかこうにか、無事に引っ越したばかりの、お気に入りの住家へ帰ったのであった。「ただいま…(@_@)…」

 

翌日、目が覚めると、身体がふわふわする感じがある。

昨夜の何かを引きずっているのか…位にしか思わず、普段と同じ朝を過ごすコルクさんであったが、所々何かがおかしい…。

顔を洗っているとフラっとしたり、頭から汗をかいていたり、いまいち目の焦点があっていないような、微妙な感覚があったりと…。

「う~ん、何かが変だなぁ」と椅子に座っていると、短い時間ではあったが、浮遊性のようなめまいがあった…。

普段のコルクさんであれば、少々の体調不良でも、何事も無いように仕事へ行くのだが、この時は仕事にいかない方がいいような気がした。

直観てやつですね(ちなみにコルクさんの直観は、驚くほど役に立つ時と、まったくもって役に立たない時と両極端なくらいです)。

会社に連絡し状況を話し、耳鼻咽喉科へ受診する事にしたコルクさん、その耳鼻咽喉科は週に一度の午前休診日…、午後からしかやっていないのである。

結局この日は、会社を休む事にしたコルクさん、会社に申し訳なさを感じる反面、ちょっとテンションが上がります(この感覚、わかる人も少なくないのでは?(^_-)

となると、午前中は完全にフリーになったコルクさん、まだ9:30頃だったと思う、昼に食べる物でも買いに行こうと、車に乗り込むコルクさん(コルクさんに朝食を食べる習慣はありません)。

エンジンをかけ、走り出して間もなく…。

「なあああああー‼」

来たのです!昨夜のアイツがっ!

何とも表現しにくい違和感と、グラッと来る感じ!

運よく近くの駐車場みたいな所に入り、しばしの休憩をとるコルクさん…。

昨夜ほどではないが、動悸がしている、頭からの汗も止まらない感じ、乗り物酔いしたように気分が悪い…。

恐る恐るUターン、超ぉ~低速で今来た道を戻ります…(汗)。

住家に戻ったコルクさん…「これは思った以上にヤバい…500メートル先のコンビニに行けなかった…、車に乗れない‼」

困惑したコルクさんは、とにかくネットを開き、「運転するとめまいがする…」みたいなニュアンスで検索しまくる!

色々な書き込みなどを読みあさるが、改善につながりそうなものが見つけられない…。

「どうしよう…(涙)」

 

【次回予告】

コルクさんは耳鼻咽喉科へ受診する。

そこでは、昨年起こした、めまい症と診断されるのだが…、昨年の症状とは全く違う…。

これは…どういうことなのか…。

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top