Cork Carefree パニック障害のブログ

Carefree パニック障害のブログ

疲れが取れないと感じたら…【慢性疲労症候群かも?】

▶︎コルクさんのブログの順位を確認する

いつも読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています!
▼両方クリックしてブログの順位を確認してみて下さい!

▼にほんブログ村で確認!

にほんブログ村
▼人気ブログランキング で確認!

パニック障害ランキング
疲れが取れないと感じたら…【慢性疲労症候群かも?】

こんにちは、コルクさんです(^ ^)

あなたは疲れがなかなか取れない、ずっと続いていると感じたことはありませんか?

その疲労感は慢性疲労症候群の可能性があります。

この慢性疲労症候群、別名CFSは、これといった症状が定まっていなく、分からないことがまだまだあるのですが、

大きな症状として分かりやすいのが、圧倒的な疲労感です。

疲労感が抜けない…

詳しい原因は分かっていませんが、

インフルエンザのような症状が現れて、だんだんと疲労感が増していきます。

アメリカでこのCFSになった人は約100万〜250万人で、

そのうちの90%は診断が出ていないそうです。

特に女性は男性の2倍かかりやすく、40歳から60歳が最も多いことが分かっています。

これといった検査方法もありません。

他の病気の症状でない事を1つ1つ確認していくしかありません。

重要なのは、無気力な疲労感が約半年ほど続いているという事。

さらにこの症状が「単核症」や「ライム病」と呼ばれる他の病気ではないかを確認しましょう。

次のうちどれかの症状がないかチェックしましょう。

  • 喉の痛み
  • 信じられないくらい激しい頭痛
  • 筋肉痛
  • リンパ痛
  • 睡眠の質が悪い
  • 腫れも赤みもない関節痛
  • 記憶力や集中力の低下
  • 運動後の疲労感が1日続く

これらがなければ慢性疲労症候群の可能性があります。

長らく、医療界の中では、この症状を精神的によるものと考えてきましたが、

科学的に見ると、この症状に対しての理解が進んでいるそうです。

アメリカの医学研究所(IOM)が、「全身性労作不耐症」としてこの症状を再定義するよう提案しました。

身体、精神、感情の活動が上手くできない症状が現れる

と定義されています。

しかし、慢性疲労症候群は推奨される治療法が見つかっていません。

スポンサーリンク

慢性疲労症候群 3つの対処法

ヨガなどでストレスを軽減する

最近の研究では約20分のアイソメトリックヨガが良いようです。

水分を摂る

慢性疲労症候群による脱水は、めまいを起こし疲労がさらに増します。

少し大変ですが1日に2L程度は水を飲むようにしましょう。

快眠を目指す

決まった時間に寝起きしましょう。

寝る前のスマホやカフェインは禁物です。

参照記事:Andrew Weil, MD /Understanding Chronic Fatigue Syndrome And How To Treat It

疲れがとれない状態が続いている場合、医師に相談相談してみるのも1つの手です(^ ^)

 

プロフィール

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookにコメント

▶︎コルクさんのケアフリーサロン

▶︎カウンセラーや相談に乗る人が病まないためのサロン

▶︎ホームページ制作はこちら

Return Top