cork

Careflee

 コルクさんがパニック障害になっても人生を楽しめている理由

知りたい方はこちらをクリック

パニック障害を克服する!原因や発作、症状はこれで分かる

スポンサーリンク
パニック障害を克服する!原因や発作、症状はこれで分かる

皆さん、お元気ですか(^^)/

お久しぶりです!

またまた、登場致しました!

相変わらず、毎日を楽しんでいる、無駄に元気なコルクさんです!

 

前シリーズの『パニック障害と分かるまで』が、予想以上の大好評を頂き、ありがとうございます(^_^)/

読んで頂き、少しは楽しんで頂けましたでしょうか。

似たような症状、状態をお持ちの方々、何らかのお役に立てたでしょうか。

 

 

前シリーズでは、夜のドライブ中に、突然体調が悪くなった所から、始まりました。

めまい、動悸、手の震え、大量の頭からの汗など…

その結果、外を歩く事もままならない…、人混みで座り込んでしまう…。

クラクラ、フラフラする…。

耳が、異常に響く…。

車の運転が、できない状態になってしまう…。

などなど、とても今までの生活が送れない、ヘロヘロな状態になってしまう…。

それでも、一刻も早く改善を目指そうとする…。

とても、40を過ぎたとは思えないほど、しぶとく、しつこく、ジタバタと…

まるで、欲しいモノを何とか手に入れようとする、子供のように…、悪あがぎを繰り返す…素敵な紳士コルクさん。

幾つかの病院を、回る事になる…。

その都度、日めくりカレンダーのように、診断が変わっていきました…(汗)

良性発作性頭位めまい症から、耳管開放症…。

そして、行きついた先は…

パニック障害…

どうやら、この辺で落ち着いたようで…。

 

そこに、たどり着くまでの経緯を、コルクさん流の表現で、書かせて頂いたモノでありました。

 

それで…、今回は…

パニック障害と診断された、コルクさんが…

その後どうなったのか❓

という事で…

コルクさんを応援して下さった皆様…

お待たせ致しました!

続編を書く事にしました(^^)/

 

題して…

 

『パニック障害克服記』です!

 

この『パニック障害克服記』では、当然ながらパニック障害と診断された、後から始まります。

確かに…。

体調不良で、ジタバタした結果、パニック障害でした!

めでたし、めでたし…

とは、なりませんわね…。

 

そもそも、パニック障害とはどういうモノなのか。

どんな治療をしていくのか。

コルクさんは、克服していくために、どういう事をしたのか。

体調は、改善されていったのか。

病院の治療以外で、出来る事はあるのか。

コルクさんは、自分の身体から何を知るのか。

何に、重点を置いたのか。

更には、どういう取り組み、方法があるのか。

コルクさんの身体には、どういうモノが効果的であったのか、また、無かったのか。

その状態でも、どういう事に、楽しみを見出していくのか。

 

などなど、そこには40年生きていても、知らなかった事が沢山ありました。

勉強嫌いなコルクさんでも、勉強になったように思います。

 

自分で言うのもなんですが、コルクさんは、身体が強い方だと思っていました。

体調が崩れる…、なんてのは、風邪(?)をひいた時くらい。

そんな時、コルクさん流には、お風呂にゆっくり浸かり、水分を沢山取って、厚着して寝てしまえば、次の日には治っているのです。

20代~30代中盤の頃は、ほぼ寝ないで働き、遊んでいた時期も少なくなかったコルクさん…。

それはそれは健康にできており、身体の心配など、した事もありませんでした。

そんなコルクさんが、初めて倒れたのは、2015年(39歳)に、めまいが起こった時でした…。

町の耳鼻咽喉科で薬をもらい、数日後に症状が悪化し、夜間救急へ行きました。

この経緯は、今回の『パニック障害と分かるまで』の時と、本当によく似ているのだ。

医師の診断は、良性発作性頭位めまい症でした。

結果、2週間以上も仕事を休み、何とか復帰した…。

以前、いまいちパっとしない先輩から、「40前後になると、来る(体調不良)ぞぉ~、気をつけろよぉ、コルク~」と、蒼白い顔で、言われた事があったが…。

どうやら、まんざら…ウソでもなかったらしい…。

 

話を戻しましょう

と、いう事で。

パニック障害と診断を受けた後の、コルクさんの奮闘ぶりを、お伝えしていきたいと思います。

お付き合いのほど、宜しくお願い致します<m(__)m>

 

パニック障害とは?

 

『敵を知り、己を知れば、百戦錬磨』

孫氏の兵法である。

 

と、いう事で。

そもそも、『パニック障害』とは、どういうモノなのだろうか…

という所から、始めたいと思います。

コルクさんが、調べた所によると「パニック障害は精神疾患です」と、記載されているモノもあれば、「パニック障害は精神疾患ではありません」と記載されている、モノもあった…。

心因性ではなく、身体因性である。

との記事もある…。

まず、そこから判断を迫られるコルクさん…。

結論!

そんなもの、どちらでも良い…(ーー゛)

精神疾患であろうが、無かろうが、それはあくまでも、名称のつけ方(呼び方)に過ぎない…。

コルクさん的には、全くもって、影響を受ける場所では無い。

 

次に、原因についてだが…

これもまた…、出てくる、出てくる。

ストレスだの、生活習慣だの…。

遺伝的な要因と、環境的な要因が、関係している…とか。

トラウマや、性格的な所であったり…。

そんな事が、いくつも出てくる…。

それかどうかは、分からないが…、行く就く先は、どうやら…

「脳内神経伝達物質が乱れる」という所らしい。

 

コルクさんが、心療内科で貰った「サポートブック」には

脳の、3つの部分

『大脳、大脳辺縁系、青斑核・視床下部』に、通常とは違った変化が起こっていると、指摘されている。

という書き方をしている。

 

ここでコルクさんが、思ったのは…

一言で「パニック障害の原因」と言っても、大きく2つに分けられる、ということである。

一つ目は、身体的な原因…、これは、おそらく「脳」という事で、間違いないのだろう…。

二つ目は、脳を、そういう状態にしてしまったのは何か…という原因…。

専門的には、分けられているのであろうが、コルクさんは知りません…。

「原因」で調べると、この二つを、区別しながら調べなければ、ならないようである。

ちなみに、コルクさんの場合は…

「原因なんて無いんです。ある時、突然起こるんです」と、心療内科の先生に、言われたのである。

う~ん、分かりやすくて良い。

余談になるが、過去に行った病院の先生に、本当に驚かされた事があった。

自分の知識に、患者の症状を当てはめようと、必死になっている…、そんな印象を受けた…。

これほど、信用できない奴はいない…、と判断したコルクさんは、面白くなってイタズラ心で、でたらめに答えていた(笑いをこらえるのに必死だったが)

昨年、良性発作性頭位めまい症と、診断を下した先生は…

「良性発作の典型的なめまいとは、ちょっと違うんですけど…」と、正直に言っていて、好感が持てた。

コルクさんが過去に会った医師で、「医師でも、分からない事は沢山あるんです」と言っていた、方もいれば、

「病名なんて、あって無いようなものですよ」と言っていた、医師もいた。

コルクさんは、何故かこういう方々には、好感を持ってしまうのである。

 

次に、どの様な症状が現れるか

大きく、3つに分けられるようである。

『パニック発作』『予期不安』『広場恐怖』

 

まずは、『パニック発作』について。

パニック障害の、中心となる症状で、強烈な不安や、恐怖感を伴う。

特徴は、13項目もあるのだ!

1.心臓がドキドキする(動悸、心拍数の増加)

2.汗が出る

3.身体が震える

4.息切れがしたり、息苦しさがある

5.喉に、何かつまったような、窒息感

6.胸の痛み、胸の辺りの不快感

7.吐き気、お腹の辺りの不快感

8.めまい、ふらつく感じ、気が遠くなるような感じ

9.今、起こっていることが、現実でないような感じや、自分が自分でないような感じ(離人症状)

10.コントロールを失う事、または、気が狂ってしまうのではないか、という恐怖

11.このまま、死んでしまうのではないか、という恐れがある

12.身体の一部が、ジンジン、ビリビリと、しびれる感じがする

13.寒気がする、または、熱っぽく感じる

 

この13項目のうち、『4つ以上の症状が、同時に起こる』

とされている…。

コルクさんの場合…、車で最初に起こった症状は

めまい、動悸、息切れ、、胸の不快感、意識が遠くなる感じ、大量の汗、このまま死んでしまうかと思った…(汗)

う~ん、充分に条件は、満たしているようである…(まるで選ばれし人)。

へへへ。

 

このパニック発作が、起こりやすい、生活シーンとして、挙げられているのが

〇電車に乗っているとき

〇会社での会議中

〇自分で車を運転しているとき

〇緊張感がとけて、ホッとしたとき

〇以前に、パニック発作を起こした場所

などである。

コルクさんの場合、自分で車を運転していたとき…

と、ピッタリ当てはまっている…。

 

次に『予期不安』という症状について。

先ほどの、パニック発作が繰り返されるうちに…

「また、あの発作が起きるかもしれない…」

という不安が、常につきまとうこと。

パニック発作が改善しても、この『予期不安』が残る事がある…。

治療上も、重要な症状とされる。

コルクさんの場合は…

また起こるんじゃないか…、というモノなど、通り越して…

もう、運転が出来ないのではないか…という、強烈な不安に襲われていた。

コルクさん位になると、『予期不安』位では、手におえないようである。

 

 

【次回予告】

次回はどんな時に、どんな発作が起こるのか…、また、治療法などについて、更に詰めていく!

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top