cork

どんな状況でも楽しんでやる!

耳管開放症のめまい、発汗、手の震え…自律神経もやられてくる?

スポンサーリンク
耳管開放症のめまい、発汗、手の震え…自律神経もやられてくる?

【前回までのあらすじ】

○○病院1階にある、めまい専門の内科で『耳管開放症』という、聞きなれない診断をされたコルクさんは、その診断を持って、2階の耳鼻咽喉科へ行くように言われたのだった…。

 

 

診察が終わった…と思い込んでいたコルクさんは、トボトボよろよろ教えられた道をたどり、2階の耳鼻咽喉科にたどり着く。

待ち時間はそれほど無く、すぐに呼ばれたコルクさんは、聴力検査を受けた後、診察室へ通される。

先ほど内科からもらった、紙や検査結果を見ながら「ん~、やはり低い音が、聞こえにくいようですねぇ、漢方飲んで様子見ましょう」という年配の先生。

大量の頭からの汗を、ハンドタオルで拭うコルクさんは、診察室を後にする(この時コルクさんにとって、汗を拭うためのハンドタオルは必需品になっていた、ハンカチではとても対処しきれない汗の量なのだ)。

待つこと3分程、看護師さんから耳管開放症のちょっとした資料をもらい、『爪もみ』が効果的とのことで、素直に指導を受けるコルクさん。

1階の会計窓口へ降りたのは11:40頃だった。

今朝来た時、ロビーや長椅子を独占していた、人生の先輩方も今はもういない、天童よしみの歌も終わったのだろう…。

 

漢方を飲み始めて2、3日たった頃、コルクさんの耳は周りの音がやたらと響いて聞こえていた。

そんな時電話が鳴った、実家からであった。

内容は、明日は祖母の三回忌、お坊さんにお経をあげてもらうので、仕事の都合がつけば来いというものである。

そこで、体調を崩し仕事を休んでいる事、車に乗れない状態である事を、簡単に説明する。

住家に引きこもっていても退屈なコルクさんは、気分転換も含め、電車で行く事にしたのである。

明朝タクシーを呼び、駅に向かうコルクさん、普段何気なく歩ける距離だが今は無理(T_T)。

1000円程で到着した最寄り駅…、アナウンスがやたらとうるさく響いて聞こえる。

電車に乗り窓の外を眺めると、電車の揺れも並行してか、ちょっとした違和感、気持ち悪さを感じるが、それは長くは続かず眠気が勝った。

寝過ごさないようにアラームをセットする…。

何らかの夢を見ていたようだ…。

アラームが鳴る!

電車の中…!

ということで、慌てて止めるコルクさん!

眠りが深かったのか、約40分の道のりが…、もう着いたのだ…。

驚くべき速さだ!

アインシュタインが「時間の速度は一定ではない」というような表現をしていたが、どうやら本当らしい…。

駅のアナウンスで耳が痛いコルクさんは、ハンドタオルで汗をぬぐい、逃げるように駅を後にするのであった。

無事、実家に到着。

長めのお経と、ちょっとした法話を聞いたコルクさん、三回忌も終わりソファに座る。

テーブルの上に、おにぎりや、サンドウィッチなど、ちょっとしたものが並んでいる…。

ちょっと寝ようかと、心地良くなりかけて来た時であった。

眠りに就くはずのコルクさんに「何か食べろ」との命令が下されたのであった…。

全く食べる気にならないコルクさん…。

食欲もないのに何か食べろとせがまれる…。

寝たふりをするコルクさん。

栄養が必要だ、とかなんとか…聞こえてくる。

昔から、食欲がなくても何か食べた方がいい、とはよく聞いたものだが…本当だろうか…。

これ以上の抵抗は、要らぬ争いを生む…、と判断したコルクさん。

渋々ながらも、そこにあったサンドウィッチを2つ程食べてみる…。

やはり、それ以上食べる気にはなれない…。

と、再度、寝っ転ろがるコルクさんの目の前に、鎌と軍手が差し出された…。

「んん…?なに?」

次の瞬間、目と耳を疑った!

草むしりを手伝えというのだ!

何なんだこの展開わあっ!?。

鬼である…(汗)。

実家までやって来て、お経を聞いただけだが、コルクさんの体力は、かなり消耗しているのだ…。

病人なのだ…、クラクラするのだ。

 

その昔、織田信長は、まず身内を閉廷したことにより、戦(いくさ)の天才になったと聞いたことがある。

それほど身内とは、手強いものなのだ…。

以前から思っていたことだが…、実家に来ると、何故か、その時したくない事ばかり強いられる…。

まるで分っているかのように…。

 

驚きと、あっけにとられるコルクさんであった…が、少しでも体を動かした方が良いのでは…、と一瞬頭をよぎった…。

これが…、すべての間違いだった!

草むしりを始めるや否や、何とも言えない違和感、目の焦点が合ってない感じ、大量に流れ落ちる汗…。

指先まで震えてきている…

それでも「雑草ごときに負けてなるものかっ!」と奮闘する事20分!

「負けた…(T_T)」

精根尽き果て、ふらふらと家に入る…。

雑草にすら、むしり勝てなかったコルクさん…。

こんな事では…、いずれはコルクさんが、雑草に、むしられてしまうのではないか…。

訳の分からない事をつぶやきながら、倒れ込むコルクさん…。

そんなコルクさんを、なだめるように受け止める、優しさあふれるソファがここにはあった…。

おやすみ…(+o+)

 

2時間程ウトウトしていただろうか…、そこそこ回復している。

またまた懲りずにウロウロしだすコルクさん。

ガレージにあった自転車に目が留まる…、「乗ってみようか…」と頭をよぎった瞬間!

サドルにまたがり、走り出していた…。

またやってしまったかコルクさん…、と思いきや、意外にスムーズに気持ちよく走るコルクさん!

これには自分でも驚いた!

車に乗れず、歩くことも大変な時に、全く違和感なく自転車には乗れるのだ!

楽しくなってきたコルクさんは「うひょうぉぉ~(^O^)/」町中を駆け巡る!

見方によれば、どうかしてしまったオッサンに見えるだろう。

30分以上走り回っただろうか、家に戻った時に搔いていた汗は、近年まれにみぬ清々しさであった。

20分程ソファにもたれかかっていただろうか…。

調子に乗ったコルクさんは、散歩をしようと外へ出た(コルクさんは調子に乗ると、とことん乗り切るのである)。

実家のすぐ近くにある海へ向かうコルクさん、歩き出しは少々の違和感はあったものの、長くは続かず身体が慣れてきた。

波は穏やかだった。

優雅に浜辺を歩くコルクさん、8月もそろそろ終わりに差し掛かる。

さすがに海水浴をしている人はいないが、浜辺には犬の散歩をしている人など、ちらほら人気はあった。

15分程歩いただろうか、多少の疲れはあるものの、倒れる程までではない…。

どうやら15分程度は歩けるようになったらしい。

頭からの汗は止まらないが…。

相変わらず食欲のないコルクさんは、気持ち程度におにぎりを1つ食べ、水をがぶ飲み!スマホで電車時間を確認する。

少し歩ける!自転車に乗れる!

2つの大収穫を得たコルクさんは、夕日が沈む頃には住家へ帰る為、約40分の電車に揺られるのであった…。

アナウンスが響くぅぅ(T_T)/~~~

 

翌日、まず手に入れるものは自転車!と意気込み住家を出るコルクさん。

確かに少々歩いても大丈夫そうである。

ふと立ち止まるコルクさん…。

そもそも…自転車屋はどこに…?…。

そう思えば町の自転車屋というものは、最近ではめっきり見なくなったものである(コルクさんが幼いころは、やっているのかどうか怪しげな自転車屋が沢山あったものだが)…。

スマホで検索するも見当たらず、その辺を歩いている人に聞くことにしたコルクさんの、すぐ近くを車に乗ろうとしていた年配の女性を呼び止める。

「すみません、この辺りに自転車屋はありませんか?」と尋ねるコルクさん。

「え~自転車屋ねえ…昔はいっぱいあったんだけどぉ…」と苦戦中の年配女性…、「あっ!ここ曲がって、こう行って…、」と説明してくれる。

「そこが以前、自転車屋だったよ!」

「以前??」と聞き直すコルクさん、「まだやってるかもしれないし…閉めちゃったかも…」

丁寧にお礼を言ったコルクさんは早速行ってみた…。

が、跡形もなかった(T_T)/~~~。

次に捕まえたのはシルバーカーを押して歩くお婆さん。

「自転車なら、あそこへ行けばいいですよ」と上品な口調で教えてくれるたのは、大型のショッピグセンターだった…。

そこはコルクさんも知っているのだが…行くには車が必要なのだ…。

もう隣町まで来ていたコルクさん、歩くのはそろそろ限界か…。

ハンドタオルで汗を拭うコルクさんの前を、自転車を押したおばさんが通りかかる。

この人なら何か知っているに違いない!

慌てて呼び止めるコルクさんに、そのおばさんが、よく空気を入れてもらうという自転車屋を教えてもらえた。

そう遠くはなかった。

自転車屋のドアを恐る恐る開けるコルクさん…「すみませーん」と呼んでみる…。

店内は狭く、自転車が6台程申し訳程度に展示してある…。

「はーい」と元気のいい返事とともに、ややがっちりした体格の、コルクさん位の年の男性が現れた。

 

 

【次回予告】

何とか、自転車を手に入れ、わずかながらも、生活の範囲が広がったかに思えたコルクさん…。

であったが、体調の回復はみられず、今度は…耳が異常に響く!という事態が起こりだす…。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top