cork

どんな状況でも楽しんでやる!

パニック障害から退職へ!治りかけた症状が悪化してきた!

スポンサーリンク
パニック障害から退職へ!治りかけた症状が悪化してきた!

【前回までのあらすじ】

パニック障害にかかり休職、何とか仕事復帰したものの休職中に今までと価値観が変わってしまい退職する。パニック障害とともに新しい人生を送る事になった…。

 

3月も下旬に入ってきた。

コルクさんは次の仕事の準備をするために明後日からしばらくの間、大阪に滞在する予定である。

その2日前位からどうも体調がしっくりこないコルクさん…。

前ページで触れたように、1ヶ月近く体調を整える事を中心とした生活を送っていたのだ。

その甲斐あってか、体調の方は「もうすぐ治るのでは??」っと本当に思っていたコルクさんは色々な意味で絶好調であったのだが…

大阪へ向かう2日程前位から、ちょっとしたクラクラがやってきたりと…

どうもすっきりしない…

目の疲れや後頭部痛も一旦は大人しくなったかに思えたものの、またもやスクスクと成長してきたようである…(~_~;)

大阪へ向かう前日(以前の日記でも触れているが)、車で下道を走っていただけで、発作が起きてしまった!

もうとっくに克服し、コルクさんの勇姿に恐れおののいて逃げ出したかのように思っていたのだが…。

ここへきて、まさか『下道』の攻撃を受けるとは…(汗)

コンビニへ一旦避難したコルクさん。

あの『海道』ならまだしも…

たかが『下道』である!

もう一度しっかりとコルクさんとの力の差を教え込まねばならないようだ…

正直、あまり頼りたくはないのだが…、

奥の手を使ったコルクさん!

 

常備薬』を高々とあげる!

 

「え〜い鎮まれ〜い!この紋所が目に入らぬかあああーっ!ここにおあそうコルクさんをどなたと心得る!恐れ多くもサキの民間人!水戸光コルクなるぞぉおお!」

と、常備薬を内服!

『下道』は10分ほどでひれ伏した…。

へへへ。

コルクさんくらいになると、スケさんもカクさんもいらないのだ。

 

その後は問題なく運転できるのだが…

体調があまり良くないのは事実である。

ただコルクさんも色々と行動しなければならないのである。

色々と組んだ予定は余程の事がない限りは変えられない状況…(汗)

 

 

スポンサーリンク

 

 

翌日(3月27日)、体調に多少の懸念はあるものの、元気いっぱいに大阪へ向かったコルクさんであった(^^)

 

電車の道中は特に問題なく…、むしろ快適に過ごしたコルクさんであったが…

大阪駅に着いて歩き出した途端!

『待ってました!!😈』

とばかりに襲われたのだ!

「のおおおおおお(汗汗汗)」

強烈な人混みにクラクラしだすコルクさん!

「こ…、このままではヤラれてしまう…」

いきなりの不意打ち…!

一瞬のヤバさはあったものの、何とか体制を立て直し、負けじと向かい打つコルクさん!

 

ここに『大阪駅VSコルクさん』の激闘のゴングが鳴らされたのである!

 

「ヤレるもんならやってみろーっ!コルクさんを甘くみたらどーなるかっ!束になってかかって来い!」

と…。

強気にハッタリをかましてみたものの…。

大阪駅の人混みは…今のコルクさんにはどうにもならないらしい…(涙)

容赦無く『大阪駅』は襲いかかってくる!

「この人混み…、束になりすぎ…(@_@)」

攻撃の手を緩めないどころか、強烈になってくる!

「うううう…」

完全にフラフラになったノックアウト寸前のコルクさん!

向かう先は『地下鉄谷町線』である…!

 

コルクさんは、大阪という街が好きで以前から時々来ていたため『谷町線』の場所も何となくは把握していた。

だが…、すごく遠く感じる…(汗)

 

容赦ない攻撃の中、この窮地をどう脱出しようかと必死に考えるコルクさん…

いよいよ本当に危なくなったコルクさんは『奥の手』を…

と頭をよぎるも『常備薬』をどこにしまったか分からない⁈

スーツケース、カバンに今朝になって、必要なものをとにかく詰め込んで来たのだ…(汗)

どこに何が入っているのか分からない…

パニック症状を治めようと常備薬を探すも見当たらず、そっちの意味でもパニック状態!

スーパーパニック状態のコルクさん…!

「のおおおお(汗汗汗)」

ついに、コルクさんKOされるかっ⁈

もう…フーラフラのヒーラヒラ状態のコルクさんの目に飛び込んで来たのが…

『喫茶店』である。

喫茶店が味方している…!

コルクさんを呼んでいる…!

「コルクさん!こっちだ!」

差し出された手に、手を伸ばすコルクさん!

 

命からがら喫茶店に逃げ込んだコルクさん…

「ア…、アイスコーヒーお願いしま〜す…(@_@)」

何とか窮地は逃れたようだ…。

 

人混みから離れたためか、座っているとかなりの速度で体調が回復して来たのが分かる!

何とか歩けるまでに回復したコルクさんは、作戦を立てるのでる。

地下鉄谷町線はもうすぐそこである。

が…、地下鉄という所でも戦いを挑まれるかもしれないのだ!

地下鉄は更に手強い可能性もあるのだ…。

 

カバンの奥から常備薬は見つけた。

今飲んでもいいのだが、地下鉄はどうなのか…との好奇心が勝ち、ここでは内服しなかった。

「ズズズー」っとアイスコーヒーを飲み干し、いっそう気を引き締め、やる気になったコルクさん!

 

いざ、決戦の地へ!

 

喫茶店を出るやいなや攻撃を仕掛けてくる『大阪駅』

回復したコルクさんも応戦する!

歩き続ける!

一進一退の攻防の中、谷町線に着いた。

やはり状況は変わらないようだ…

「う〜ん、クラクラする〜(@_@)」

フラフラしながら乗り込む地下鉄、幸い席が空いていた!

座ることでクラクラ感がかなり和らぐのだ…。

 

何とか逃げ切った!

 

駅からコルクさんの宿泊場所までは歩いて3分程と近い!

 

漸くたどり着き、荷物を降ろしたコルクさん…

ベッドにゴロンとなり、しばらくは動く気になれないのであった…。

 

コルクさんはしばらくの間、大阪に滞在するつもりなのだが…

初日から、こーんな調子である…(^_^;)

果たして、天はコルクさんに味方するのか…。

 

「お腹すいたけどぉ〜、ちょっと寝よ…(・・;))」

 

 

【次回予告】

体調のすぐれないまま、するべき事に何とか挑戦していくコルクさんであったが、体調は悪化の一途を辿る…。こんな調子でコルクさんはここ(大阪)で、予定通りにするべきことができるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top