cork

Careflee

 コルクさんがパニック障害になっても人生を楽しめている理由

知りたい方はこちらをクリック

パニック障害で休職、1ヶ月半で仕事復帰する為にした事とは?

スポンサーリンク
パニック障害で休職、1ヶ月半で仕事復帰する為にした事とは?

【前回までのあらすじ】

パニック障害から、少しづづ体調が改善されていったが、パニック障害の始まりである、車の運転に関しては、まだ少しの不安を残したままであったが、ついに1ヶ月以上も休んでいた、仕事の復帰が明後日に迫っていた…。

 

仕事の復帰を翌日に控えた朝。

体調の方は、まあまあであったコルクさん。

仕事復帰までに「海道」との決着をつけるつもりでいたコルクさんであったが、予想以上に手強かったため、本日の決戦は避ける事にしたのである。

明日の仕事復帰を、優先したのである。

コルクさんは、社会人であるため、妥当な選択!

以前にも書いたが、この時点での目標は、仕事復帰に置いていたからである。

 

復帰日の前日に…、あの恐るべき強者「海道」に決戦を挑み、コルクさんの身に万が一の事があった場合…。

仕事どころでは…なくなってしまうのである。

ただ、コルクさんは、諦めた訳ではありません!

仕事復帰をして…、更に体調を整え、ここぞ!という時まで温存しておくのだ。

それまでは、目ヤニをつけて昼寝でもしてるがいい!

「海道」よ。

相手が目の前にいないと、強気になるコルクさんであった(~_~;)

 

という訳で、明日のために体調を整える日になった訳であります。

午前中はシャワーを浴びて、身体を温めてから、無理がかからないよう配慮しながらストレッチを行っていた。

適度のお昼ご飯を食べて、しばしの休憩をとるコルクさん…。

……。

「…んん」

気持ちよーく夢の中に行っていたようである(( _ _ ))..zzzZZ

こちら側に帰って来た時には、14時を回っていた…(汗)

 

「よぉ〜し」

幾たびの、難関を共にして来た車に乗り込んだコルクさん。

着いた先は、いつもの公園であった。

疲れない程度の速さで、ひたすら歩くのである!

今日は日曜日という事で、家族連れで賑わっている。

ボールが飛んで来ないか…などの、周りの警戒も怠らなかったコルクさんは、無事、何事もなく、約2時間程を公園で過ごしたのであった。

 

やはり、万全とは言えない状態であるのも事実。

ちょっとしたクラクラ感が、取れていないのだ。

具体的に説明すると、くるっと「振り返る」、「下を向いて顔、頭を動かす」という事をすると、クラっとくる。

体調が悪い時は、そこで気持ち悪くなる。

更にふらつきがある。

 

こんな感じの状態であった。

 

明日からの仕事復帰、最初の数日は午前中のみ(半日)の勤務からである。

心療内科の先生に提案されて、職場も了解してくれたのだ。

これには本当に救われたコルクさんであった。

1ヶ月以上も働いていない身体で、先ほどの症状も残ったままなのである…。

1日働くのは、恐らく難しいだろう…。

働けたとしても、三日も働いたら倒れてしまうだろう…(汗)

 

夕方からは湯船に浸かり、身体を温める。

軽い体操をしたコルクさんは、ご飯を食べて、しばらくはリラックス音楽に身を委ねる。

20時には布団に入って眠るのであった(( _ _ ))..zzzZZ

 

ついにやって来た仕事復帰の当日。

目覚ましアラームより、1時間も早く目覚めてしまったコルクさん!

ちょっとしたパンを食べ、シャワーを浴びる。

身体を温め、少し身体を動かす。

体調は、まあまあ良いようである!

 

出勤時間になり、いざ出陣!

必勝ハチマキを巻いて、竹槍を持ったコルクさんは、1ヶ月半ぶりの「職場」という戦場に向かうのであった!

 

「おはようーございまーす!」

ペコリm(__)m

「大変ご迷惑をおかけしましたー」

ペコリm(__)m

 

ペコリと頭をさげる度、クラっとくるが…

社会人である以上仕方がない!

まさか…

「随分とご迷惑をおかけしました!頭も深々と下げたい気持ちはあるのですが、振り返ったり、下を向くとクラっとくる症状が残っておりますので、頭を下げないご無礼を、お許しください。今日から頑張って働きますので」

と、すれ違う人、一人一人にそんな細かい説明をして歩く訳にもいかず…

きっちり身体が90度になるくらいに、挨拶をする、滅多にお目に掛かる事のできない、低姿勢なコルクさんであった(^ ^)

 

「コルクさん本日、復帰いたしましたあー」\(^ω^)/

仕事復帰の当日、出会う人出会う人にひたすら挨拶をするコルクさん。

「あっコルクさん!元気になりましたか?」

「大丈夫ですか?」

「おお、コルクさん!どうしてたんですか?」

などなど、皆それぞれに気遣ってくれる言葉をかけてくれる。

中には…「あ、コルクさんおはよー」

と、笑顔で早足で素通りしていく人…。

コルクさんが下げた頭を上げた時には、廊下の彼方へ…

忙しそうである。

こういう風景を見ると、仕事に戻ったとの実感が湧いてきた!

 

コルクさんがパニック障害である事を、職場の皆は知らない…、体調を崩して休んでいるとの説明なのである。

直接、電話でやりとりしていた上司を含めた、管理職の数人だけが知っている。

 

こういう時、人は一番聞きたい事を、なかなか聞けないものである。

コルクさんが、どういう病状だったのかを聞きたいが、聞けないような感じを、多くの方が漂わせている…。

コルクさん的には、隠すつもりは全然ない!

これだけ休ませてもらったのだ、皆にも知る権利(?)があるだろう。

だが…自分から「コルクさん、パニック障害ってのになっちゃって、どえらい目にあってました!パニック障害ってどういうのか知ってます?知りたい方はここへ集まってくださーい!」と言うわけにも行かない…。

そんな時、一人の方が聞いてきてくれた!

「コルクさんどうしたの?何だったの?実家に帰ってたの?』

などなど、一気に幾つもの質問を受ける事に…(汗)

これを読んでくれている皆さんの周りにも、一人くらいいませんか?

思った事をすぐに口に出してしまう人(笑)

こう言う時は、助かるものです!

逆に、こう言う時でないと助からない(笑)

 

お陰で、コルクさんは何故仕事を休んでいたかを、説明する場を与えられたのであった。

 

すると、こう言う言葉が聞こえてきた。

「パニック障害!知ってる、歌手の〇〇さんもなったって聞いた!」

「アイドルの〇〇もでしょ?」

「芸能人に結構多いみたいね!」

などなど。

 

「あっ!そう言うことか!」

コルクさんは分かったのである!

「えっ⁇」と皆が耳を傾ける…

 

「スター性のある人ほど、なりやすい!って事じゃないかな!」

 

一瞬の間を置いて…、皆はそれぞれに仕事に取り掛かって行った…。

「お〜い、もっとワイワイやろうぜ〜、久しぶりに来たコルクさんだよ〜」

 

そんなこんなで、コルクさんも、1ヶ月半の休職を感じさせまいと、仕事に取り掛かるのである!

職場に来て見ると、案外と動けるものである。

コルクさんの仕事は、動き回らなければならない。

いわゆる肉体労働の部類に入るだろう。

「無理しないで下さいね」

「座ってていいですよ」

などなど気遣ってくれる言葉も多い。

優しい人たちである…。

ただ、何もせずに座っていたのでは、何をしに来たのか分からない…(汗)

ありがたい言葉に、甘える事なくコルクさんは働くのである!

 

壁の模様でフラフラしたり、呼ばれて振り返った際にクラっと来たり、下を向いて顔を起こすとクラっと来たりと、所々に弊害はあるものの、やるべき事はこなしていくコルクさん。

 

気づいたら、半日が経とうとしていた。

 

椅子に座り「ふぅー」と大きく息をつくコルクさん…。

その時、気がぬけたのか…一瞬のめまいが怒った…。

「のおおっ!」

幸いすぐに治った。

誰も気づいていないようである…。

 

午前の勤務時間が終わり、何とか初日の務めは果たしたコルクさん。

 

帰ったコルクさんは、帰り道で買った昼食を食べると、すぐに眠りについたのであった…💤

 

よほど疲れたのであろう…。

目が覚めたのは18:30頃であった。

スッキリしたコルクさんは、ご飯を食べ、シャワーを浴びる。

20:00を回った頃、更に眠るコルクさんであった…。

 

明日に備え、ひたすら眠るコルクさんを、夜と静けさが暖かく包み込むのであった☆

 

おやすみなさーい(^O^☆♪

 

【次回予告】

見事に仕事復帰を果たせたコルクさん。このまま体調が改善し、以前のように働けるまでの身体を目指していく。そこに訪れたのは、今までに無かった頭痛であった。更には休職する前と、仕事復帰をしてからの、生活習慣の違いが出てきていた。

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top