cork

Careflee

 コルクさんがパニック障害になっても人生を楽しめている理由

知りたい方はこちらをクリック

パニック障害の認知行動療法!突撃、真っ向勝負!

スポンサーリンク
パニック障害の認知行動療法!突撃、真っ向勝負!

【前回までのあらすじ】

パニック障害と診断されたコルクさんは、仕事復帰を目指し、体調を整えているのであった…。

クラクラするする事、疲れやすい身体、出来なかった車の運転の克服と、かなり絞られては来たが、悪戦苦闘する毎日であった…。

 

 

9月も後半に入っていた。

コルクさんの仕事復帰予定は、10月からである。

10月の仕事復帰を目指し、ひたすらパニック障害を克服する為に、体調を整えていくコルクさん。

 

この時の、コルクさんの一日の過ごし方はこんな感じである。

 

7:00頃に起床。

朝のニュースを少し観る。

シャワーを浴びる。

ちょっとしたストレッチを行う。

ちょっとした物を食べる。

9:30~10:00頃、車の運転をする。

10:30~11:00頃に公園へ行く。

12:00過ぎまで、歩いたり、座ったり、少し運動をし、体調の良くない時はイジケたりする。

13:00前後帰ってくる。

ご飯を食べる。

しばらくして寝る。

15:00~16:00頃起きる。

2時間程、DVD鑑賞する。

18:00を過ぎた辺りで、近所を散歩する。

30~40分後に帰宅。

19:00を過ぎた辺りで、買い物へ行く。

帰ってご飯を食べる。

お風呂に入り、身体を温める。

入浴後にストレッチを行う。

21:30~22:00寝る。

 

とまあ、こんな感じに一日を過ごしている訳である。

 

実はこの過ごし方は、コルクさん流にネンミツに(?)、作ったプログラムなのである。

全てが、体調改善に向かう、生活リハビリのようなモノなのである。

 

体調の良くない時は、朝のテレビ画面を見ている時から、目が疲れたり、クラクラしたりする…。

しばらくすると、慣れてくる時と、そうでない時がある。

 

次にシャワーを浴び、ストレッチするのだが、身体を温めて、全身の血流を良くするという事。

 

朝食を食べる習慣が無かったコルクさんが、この時間帯に何か食べるのは、すきっ腹だとクラクラが強く感じてしまう…、という所にあった。

 

そして、朝の通勤時間が終わり、車の少なくなった時間帯に、運転の練習をする…、この頃になると、もう下道は心配なさそうだった。

 

そして、公園にてウオーキングなど行う…、疲れたらベンチに座り緑を眺めるなどする。

この頃は、歩ける時とあまり歩けない時の差が、かなりあった…。

あまり歩けない時は、クラクラしてしまうのだ…。

 

住家に帰りお昼ご飯を食べる頃には、正直体力的に疲れていた為、食べ終わりしばらくすると、強烈な眠気に襲われるのだ。

それに逆らわず、お昼寝するのである。

 

その後、2,3時間ではあるが、起きると身体はかなり回復しているのである。

 

それからDVDを見るのだが、これも動く画面をみる訓練のためには、丁度いいものであった。

 

友人が貸してくれた紙袋2つ分のDVD!

とても役に立った。

お陰様で、スターウオーズを6まで観る事が出来た…、こういう話なのか…など…これでスターウオーズの話には少し参加出来るようになった(ヨーダ強ぇぇ…)。

興味をそそられた中には『北斗の拳』というのもあった!

「おー、これは!」

懐かしさの余り、テンションが上がってしまう、南斗正拳伝承者のコルクさん。

早速DVDを入れてみると、画面が出てきた!

『北斗の拳2』

…!

「2(つう)…だったのね…(汗)」

瞬間的なダメージは少々受けたものの、気を取り治し、鑑賞するコルクさんであった…。

 

話しを戻します。

その後、夕方になり散歩する…。

この時も調子のいい時、イマイチな時がハッキリ分かる。

 

夕食の買い物に行くのも、人が多い所や明るい所で、クラクラしたりはしないかとの見解があった為、余り買うモノが無くても行くようにしていた。

 

その後に入るお風呂は、ややぬるめにして、ゆっくり時間をかけて浸かるようにする。

血行促進や、自律神経にも良いとされているからである。

元々は、熱いお風呂が好きだったコルクさんであったが…

確かに、ぬるめのお風呂というのは、効果が感じられる!

身体が芯から温まるというか、身体の温まっている時間が長いというか…。

 

そしてストレッチを行う。

 

その後に布団に入ると、身体が物凄く暖かい!

寝た状態で、自律神経訓練法のような事をしていると、眠りに入っていく…。

 

自律神経訓練法については、ここでは詳しく書きませんが、興味のある方は検索してみて下さい、その中で、興味の出たものを試されると良いと思います。

 

これがこの頃、仕事復帰に向け、大詰めを向かえた頃のコルクさんの過ごし方であった。

 

朝、体調が悪い時、それが一日続くかと言えば、そうでもなく…

朝、体調が良くても、午後からイマイチになってきたりと…

そこに何らかの規則性はあるのかもしれないが、見いだせなかったコルクさん…。

 

仕事の復帰予定までは、もの間近…。

まだまだ不安が残る状態ではあるが、四の五の言っている暇は無いのであった…。

 

「やれること、やるだけやって、コルク寝る」 五、七、五。

 

仕事復帰日は10月3日からの予定になった。

10月1日は土曜日という事で、月曜日からの出勤予定としてくれたのであった。

ちなみにコルクさんの仕事は24時間稼働しているので、休日の曜日は決まっていないのだが。

 

9月も後半、コルクさんに残された休みは、あと5日程に迫っていた。

 

この日、朝から少々ヤル気になっていたコルクさんは、このパニック障害を発症した記念すべき思い出の場所、海道に乗ってみようと決意を固めたのであった。

前シリーズの『車の運転中に突然起こった動悸、息切れ、めまい症状』を読んで下さった方は、思い出してもらえるかもしれないが、夜のドライブ中にこの海道を運転していた所から、全ては始まっている。

それ以来、この海道には乗っていない…。

ある意味、ボスキャラとも言えよう。

この海道は、高速道路のような道で、信号が無い80キロ規制、一旦乗ってしまうと『出口』と書いてある所まで走らないと、降りられない…。

万が一、発作が起きてしまった場合、車を停めなければならないのだが、それには『パーキング』という所まで走らなければならない…。

発作が起きてしまい、近くに『出口』も『パーキング』も無かった場合を考えると…、それはそれは恐ろしい…(汗)

この症状が初めて起こった、夜の海道で、大量の汗、動悸、めまい、意識が遠のいていく中、奇跡的にわずかに設けられた停車場で停まっていた…、なんて事がもう一度あるとは、とても思えないのだ。

 

この『パニック障害克服記』では、最初に『パニック障害』と言うモノを検証している。

そこで、色々なケースがある事が分かった。

電車に乗ると発作が起きてしまう人や、バス、エレベーター、人混みなど…。

発作を経験すると、「これは死んでしまうのではΣ(゚Д゚)」と思う程のモノである…。

ただ、「パニック障害の発作で、死ぬ事は無い」という一文は、調べていく中で、かなりの割合で見た一文である。

確かに、死ぬ事はないのだろう…。

ただ…、コルクさんの場合は、車の運転である…。

それに伴い、事故などの二次災害の可能性も含めて考えなければならない…。

最悪、他の車や人など巻き込んでしまおうモノなら…(涙)

という、自分だけの事では済まなくなってしまうのが、「車の運転」というモノの、最大のリスクであろう…。

 

そういう理由から、車の運転というものは、本当に慎重に行っていたコルクさんであった。

 

現段階では、下道はほぼ問題なく運転できるようになっていた。

少しスピードの出るバイパスなどは、時により多少の違和感を感じる事があるモノの、その違和感は長くは続かず、運転を妨げるまでには至らなかった。

 

仕事復帰前に、何らかの形で、体調回復の自信が欲しかったのか…。

 

あの海道を走る決心をした、チャレンジャーコルクさん!

 

ついに、海道 VS コ ルクさん の30分1本勝負である!(30分というのは、海道に乗ってからコルクさんが、よく降りる出口までの時間である)

 

勝率の事前予想では…

海道 55% コルクさん 45%

コルクさん、やや不利である…。

ただ…、「不利なのがチャレンジャーの宿命!」

と、意味の分からない言葉を吐き捨て、紋付き袴で必勝ハチマキ!

気合を入れれるだけ入れた、コルク侍!

いざっ!

決戦の地へ!

 

いつになく引き締まった表情のコルク侍、車に乗り海道へ向かう!

海道に入る寸前に、ちょっとした短いトンネルがある。

トンネル入った瞬間!

「待ってました!」とばかりに違和感に襲われる!

「ううっ…(苦)」

だが、違和感ごときに…白旗を上げるコルク侍では無いっ!

「負けてなるものか!」と突き進むコルク侍!

ついに海道に乗った…!

 

海道に乗るや否や、違和感が増す!

身体が反応しているのが分かる!

胸の辺りになんとも言えないモヤモヤを感じる…

次の瞬間、目が動かせない…!

ちょっと視線を変えると、目の焦点が合わないような…(?_?)

変な感じ…、気持ち悪さがある…。

左車線を走っているが、前の車との距離はみるみる開いていく…。

発作間近であるっ!

「のああああああー!」

 

海道に乗って5~7分程だろうか…

最初の『出口』が見えた!

全く勝負にならなかったボロボロのコルク侍…

迷うことなく『出口』から、逃げるように降りていくのであった…(汗)

 

負けた…(T_T)

立ち向かってはみたものの…

一方的に、コテンパにヤラレてしまったコルク侍…(◞‸◟)

異常に乾いている喉…、わずかに流れ落ちる鼻汁…、いつの間にか付いている寝グセ…。

とてもご先祖様に顔向けの出来ない、姿になり下がり…

命からがら逃げ帰ったコルク侍…。

こんな事では…とてもじゃないが勝利には程遠い…。

 

 

下道から、のんびり帰る…哀愁漂うコルクさん…。

頭の中には…幼き頃に観た『太陽にほえろ』の殉職シーンの音楽が流れているのであった…。

 

【次回予告】

これだけメタメタにやられたコルクさんが、あろうことか翌日に再戦を挑む!

一度負けているだけに、その経験を生かし激闘するコルクさん!

果たして、勝敗の行方は…

 

 

ABOUT THE AUTHOR

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top