Cork Carefree パニック障害のブログ

Carefree パニック障害のブログ

コルクの記事一覧( 2 )
不安を受け入れてみよう

不安を受け入れてみよう

こんにちはコルクさんです^ ^ 前回からかなり空いてしまいましたが、自己肯定シリーズの続きです。 ▼前回はこちら 批判と攻撃は別問題。履き違えないことが大切。 あなたは不安を感じることはありますか? おそらく「感じない!」と堂々と答えられる方はいないでしょう。 この不安という感情は、人間の進化の過程で消えていかずにその...
耳を鍛えて自律神経を整えよう!

耳を鍛えて自律神経を整えよう!

こんにちはコルクさんです(^ ^) 五感って普段は意識しませんよね。 五感は加齢だけでなく生活習慣によっても乱れが生じてしまいます。 しっかりと意識することで、鍛えることが可能です。 結果的に、自律神経が整って、さまざまな不調も改善させることができます。 あなたの聴覚は大丈夫? 今回は聴覚のお話をしたいと思います。 以...
ジャスティン・ビーバーから学ぶ不安発作の対処法

ジャスティン・ビーバーから学ぶ不安発作の対処法

こんにちはコルクさんです(^ ^) 先日、インスタグラムで不安発作について役立ちそうな投稿を見つけたので、シェアしたいと思います。歌手のジャスティン・ビーバーの投稿です。 ジャスティン・ビーバー流「不安発作に襲われた時にやる事」 周囲を見渡す 目に見えるもの5つを探す 体に触れるもの4つを探す 聞こえるもの3つを探す ...
【再アップ】パニック障害の改善に効いた血行不良の改善策公開!

【再アップ】パニック障害の改善に効いた血行不良の改善策公開!

※この記事は2017/3/3に公開されたものです。   こんにちは(^ ^) 日々、パニック障害克服の研究をしておりますコルクさんです。 本日も前回の「肩こり、首こり、ストレッチ…」などに、とても近い内容なんですが… コルクさん的に、とても効果を感じられて来たのは「血流を良くする」と言う所に行き着いてから、と...
パニック発作は放っておくと…

パニック発作は放っておくと…

こんにちはコルクさんです(^ ^) 読者の方からこんな質問をいただきました。 「満員の電車の中で急に動悸が起きて息ができなくなりました。すぐに電車を降りて少し休むと治りました。これは病気なんでしょうか?そのあとは普通に過ごしています。また電車に乗ると同じようになってしまうのでは?と思っていて電車に乗るのが少し怖いです。...
自己責任の本当の使い方って?

自己責任の本当の使い方って?

こんにちはコルクさんです(^ ^) 自己責任という言葉、 最近巷でよく聞きますよね。 あなたはこの言葉、使ったことがありますか? 今回は大半の人が誤解している自己責任という言葉の本質についてお話しします。 あなたは自己責任という言葉に騙されている!? 基本的に現在の日本人は自己責任という言葉が大好きな人が多いです。 で...
なぜ日本社会は生きにくいのか?

なぜ日本社会は生きにくいのか?

こんにちはコルクさんです(^ ^) 最近、 不安なときや悩んでいるときに「何か」を感じることはありませんか? この「何か」に気が付いている人は一体どれくらいいるのでしょうか。 あなたはどうですか?…   「何か」に気づいている人も気づいていない人も、 これを最後まで読むとあなたの中にある「何か」が...
批判と攻撃は別問題。履き違えないことが大切。

批判と攻撃は別問題。履き違えないことが大切。

こんにちはコルクさんです(^ ^) 今回は「自分が批判された時」です。 ▼前回はこちら 他人のSNSに惑わされないで! 批判というのは、自分に非がない時におこる場合があります。 相手の機嫌が悪い時や、相手が何か勘違いしている時ですね。 逆に、言われて良かったという場合もあります。 批判されることで、自分が成長できた時で...
まずは「出す」!

まずは「出す」!

こんにちは、コルクさんです(^^) 本日はちょっとした見方を伝えしようと思います! 「出入り口(でいりぐち)」という言葉をよく聞くと思います。 逆に「入り出口(いりでぐち)」なんて言葉ありませんね。 また、「出し入れ」という言葉もあります。 逆に「入り出し」という言葉はありませんね。 これは何を指しているのかと言います...
他人のSNSに惑わされないで!

他人のSNSに惑わされないで!

こんにちはコルクさんです(^ ^) 前回は 感情的になると損。 というお話でした。 今回は、SNSと肯定感についてです。 Twitterやインスタ、Facebookなど、 みなさん何かしらのツールを使って投稿などしていると思います。 今日みなさんにわかっていただきたい事は、 SNSは「生活の一部分を切り取ったものに過ぎ...
Return Top