Cork Carefree パニック障害のブログ

Carefree パニック障害のブログ

新感覚の心理テスト?コルクさんゲームで遊んでみよう!

▶︎コルクさんのブログの順位を確認する

いつも読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています!
▼両方クリックしてブログの順位を確認してみて下さい!

▼にほんブログ村で確認!

にほんブログ村
▼人気ブログランキング で確認!

パニック障害ランキング
新感覚の心理テスト?コルクさんゲームで遊んでみよう!

※この記事は以前サロンメンバー限定で公開していた特典コラムを無料公開・再編集したものです。

 

今回のコラムのテーマはコルクさんゲームというものです。

ゲームのやり方をご紹介しますね。

これは、「心理テスト(性格分析、性格診断みたいなもの)」のやり方を少し変えるゲームです。

あなたも心理テストというものをやった経験はあるかと思います。

一般的なものは、自分でやりますね?

質問に答えて「あなたはこういう人です」みたいな性格診断をするようなものが多いですね。

それを「コルクさんゲーム」では、

①まずは、普通通り心理テストを自分でやります。

②次に、仲の良い人にやってもらってください。

仲の良い人(ご家族、友人、知人、先輩後輩誰でもいいので)を1人選んでください。

もちろん、あなたの性格をそこそこ知っている人です。

選んだ友人の名を「Aさん」としましょう。

Aさんに、こうお願いしてください。

「私だったらどう答えるか?私になったつもりでやってみて!」と。

そして、自分もAさんになったつもりでやってあげてください。

この質問に…、Aさんだったらこう答えるな、とか、

Aさんだったらこっちを選ぶだろうと。

自分とAさんが、お互いの心理テストをやるということです。

これはあなたが思っている自分と、

友人から見たあなたがどう違うのか?

自分でやって出た答えと、Aさんがやってくれて出た答え、

どちらが、自分に近いのか?

…と、ゲームの内容はこんな感じです。

 

心理テストは適当なものを探してくださって構いません。

もし思い当たらなければ、

「ユングの性格分析」と検索してください。

ぜひ楽しんでやってください。

意外なことが分かりますよ!

 

…ここから先は、コルクさんゲームをやってみてから読んでくださいね。

ご自身でやってみていかがでしたか?

きっと驚かれたと思います!

そうです、Aさんに自分の心理テストをやってもらったほうが、自分でやるより、当たっているように思えるのです。

Aさんも驚かれたと思います。

あなたがAさんになって「Aさんだったらこれを選ぶだろう。」とやった方が、Aさん自身がやるより、よりAさんに近い結果となるのです。

これはどういう事でしょう?

まず、あなたが「自分は周りからこう見られているだろう」という以上に周りは正直に見えている、という事です。

これはどういう事なのか?

本音と建前、というのがありますね。

実は多くの場合、これらが交互に出てきているのです。

なので、自分の隠しておきたい部分も、時には気がつかない内に出てきているんです。

さらには自分自身気がついていない、気にも留めていない事に周りが気づいているんです。

例えば、「あなたって、すごく優しい時があるよね。」と言われて、驚いた時などがそれです。

更には、根本的な理由の1つとして、コルクさんゲームをしている時にでも、「こう見せたい自分」というのが出てきます。

あなたが自分を心理テストするなら、どっちを選ぼうかと悩む問題もありますね。

ですが、あなたになりきったAさんは、容赦無く選びます(^^;;

こういうことがあり、今のあなたが見えてくるのです。

これは、今の自分を客観的に見るためにはとてもいい方法なのです。

そして、「それにより、何が出てきたか?」

というところに注目してください。

「自分が隠している部分も見抜かれていた。」

「周りからはこう見えている…、確かにそうだ。」

そこで、「私はそうじゃない。」と反発する自分が出てきたか?

当たっているのに言い訳している自分が出てきたか?

素直に認める自分が出てきたか?

自分では全く当たっていないと思う違和感に包まれたか?

などなど。

あなたには何が出てきましたか?

 

このゲーム通して学べることは、人は「こう見せたい」「こういう人だと思ってもらいたい」というのが、潜在的にあるんですね。

ですが、周りからは「ありのままのあなたが見えている」ということです。

自分は周りからどんな風に見られたいんだろう…、と探ってみてください。

そして、それを取り外してください。

何かになろうと演じる必要はないのです。

演じなくなったあなたが1番、魅力的であることがわかると思います!

 

これは、2人ではなくても、何人でも楽しめますから、ぜひ遊んでくださいね(^_^)v

 

プロフィール

コルク
1976年生まれ 男性
パニック障害 耳管開放症 良性発作性頭位めまい症
2015 良性発作性頭位めまい症発生 
2016 パニック障害 耳管開放症発生
現在克服中 改善方法、体験を載せてます

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookにコメント

Return Top